「ブログ 」カテゴリ記事一覧


ブログをレスポンシブデザインに変更

表ブログをレスポンシブデザインに変更しました。

FC2ブログなどのブログサービスはPC用サイトとモバイル用サイトを用意していて、スマホなどのモバイルからアクセスした場合は自動的にモバイル用サイトを表示するようになっています。

2つのサイトがある事によるデメリットは、

・それぞれで別々にテンプレートを用意してサイトデザインしなければならない
・それぞれでデザインの統一が難しくなる
・管理の手間が単純に倍になる
・ひとつのブログにURLが2つ存在する事により色々と問題がある(こともある)

他にもいろいろありますが、Googleがレスポンシブデザインを推奨していることもあり、今後は遅かれ早かれレスポンシブデザインに統合されていくのだろうと思って、重い腰を上げました。

レスポンシブ デザインにする理由

レスポンシブ ウェブ デザインをおすすめする理由は以下のとおりです。

URL が 1 つなので、ユーザーによるコンテンツの共有やリンクが簡単になります。

対応するパソコン用ページやモバイル用ページが存在することを Google のアルゴリズムに伝える必要がなく、ページへのインデックス プロパティの割り当てが正確に行われます。

同じコンテンツのページをいくつも維持管理する手間が省けます。

モバイルサイトでよくある誤りに陥る可能性を抑えることができます。

ユーザーをデバイスごとに最適化したページにリダイレクトする必要がないため、読み込み時間を短縮できます。ユーザー エージェントに基づくリダイレクトはエラーが発生しやすく、ユーザー エクスペリエンスを損なうおそれがあります(詳しくは、ユーザー エージェントを正しく検出するをご覧ください)。

Googlebot がサイトをクロールするために必要なリソースを節約できます。同じコンテンツのページが複数存在すると、別々の Googlebot ユーザー エージェントが複数回クロールしてすべてのバージョンを取得する必要があります。一方、レスポンシブ ウェブ デザインの場合は、1 つの Googlebot ユーザー エージェントがページを一度クロールするだけで済みます。Google によるクロールの効率が上がると、サイト内のより多くのコンテンツがインデックスに登録され、適切な間隔で更新されることにつながります。

Google search 「レスポンシブ ウェブ デザイン」より引用


もちろんレスポンシブデザイン化することによるデメリットもあり、メリットとデメリットをよく考えて決めなければならないのですが、将来的な事も考えて現時点で少々問題が出てもやっておいた方がいいだろうと決断した次第です。

それとFC2ブログはまだ制約が少ない方ですが、ブログサービスによっては仕様上レスポンシブデザイン化が難しいこともあり、今後は本格的にブログを運営する人はワードプレス派が増えていくんだろうと思います。

ただ有名ブログでもFC2ブログやはてなブログを使い続けている人は多いので、ワードプレスにすればいいというものでもないと思います。私も今回大規模変更したので、当分はFC2ブログで頑張ります。

(自分のブログがスマホやタブレットでどう表示されているかは、chromeの「デベロッパーツール」で確認する事ができます。とはいえ、古い機種などは確認しようがないので、何か不具合があったらコメントなりで教えて頂けると幸いです。)

ブログ村 セミリタイア生活

ネガティブなブログがダメな理由(収益化の観点から)

ひたすら愚痴や不満を垂れ流しているブログのアクセスは、やりようによっては悪くありません。

週刊誌やニュースサイトのヘッドラインを眺めていると、暗くてどぎつい内容の方がかえってアクセスがあるのが分かります。


しかし、出版社やマスコミは、アクセスをおカネに替えるシステムが出来ているからこれをやっている訳です。



個人ブログの場合は、これが出来ていない場合が多いはずです。


だって考えたら分かるでしょう。
自分が広告主なら、ひたすら愚痴や不満を垂れ流しているブログに広告を出稿しようと思います?


内容によってはGoogleの規約に触れるものもありますしね。

そういう訳で、いくらネガティブなブログでアクセスを集めても、なかなかおカネにはなりにくいのです。

それにネガティブなブログを書いていると、絶対にブログ主の精神に悪影響があります。
言霊というやつです。
わざわざ負のスパイラルに陥る事はないです。
多少のストレス解消の為に、おカネにもならないことをするのはやめた方がいいでしょう。
ブログは楽しく書きましょう。

ブログ村 セミリタイア生活

長文コメントの是非

コメント欄は承認制にすべきだと思います。

このブログは今のところしてませんけど、人気が出てきたら承認制にすべきでしょうね。

コメントを非公開にしている人もいて、それはその人の方針ですけど、余程メンタルが繊細だとか弱ってる人でなければ、個人ブログならあった方が面白いと思います。

コメントで間違いを指摘してくれたり、ヒントになるような書き込みもありますし、情報は取捨選択すべきですし、つながりも生まれます。

承認制にするという事は、コメント欄を管理するという意思を示す事になります。

ここで長文コメントの是非に関わってくるのですけれども……


人のブログのコメント欄を、2ちゃんねるか何かだと思っている人がいて、そういう人がストレス解消の為に不特定多数の人に見られている意味を考えないコメントを書き込む事があります。

そういうコメントを野放しにしたり、あまつさえコメントを返したりしてしまうと、あっこの人はこういうコメントを相手にしちゃうんだ、と悪い意味で読者にナメられます。

そういう悪質な人は調子にのってどんどんコメントを書き込みますし、そういう雰囲気がさらに悪質な人を呼び込んでコメント欄が荒れます。

人のブログのコメント欄を、自分の勝手な意見を発信してくれる場所だとかうっぷんを晴らす場所だと心得てる人を相手にしてはいけません。これがブログ主というか管理人の良心でしょう。

長文コメントの取り扱いは、そこの所をよく考えるべきでしょう。

長文コメント書く人って、たぶん実生活ではそんなに悪い人ではない気がします。単にハナシを聞いてくれる人が少ないんでしょうが、そういう交流はやりたい人がそれにふさわしい場所でやるべきです。

そういう目的に自分のブログのコメント欄を使われてもかまわない、という人だけが相手にしましょう。

ブログ村 セミリタイア生活