引用タグの使い方

はじめに神は天と地とを創造された。

地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。

神は「光あれ」と言われた。すると光があった。

創世記(口語訳)



blockquoteタグで文章を囲むとこのように引用である事を読者と「検索エンジンに」示すことができます。引用タグを使わずに他者のコンテンツを引用すると著作権的にも問題だし、重複コンテンツになってGoogle様から検索ペナルティを受けます。

引用タグで囲んだ部分はGoogle様がカウントしないので、重複コンテンツになってペナルティを受けることを避けられます。引用部分は検索エンジン的にはノーカウントです。

たまにこの引用タグを自分の文章の装飾目的で使っている人がいますが、せっかく書いた独自コンテンツがノーカンになって意味が無くなるのでやめた方がいいです。読者も混乱しますし。

ブログ村 セミリタイア生活

ブログ収益化までにかかる時間

私の経験ですと、まったくの初心者の状態からブログを始めてから、忍者アドマックスA8.netなどのカンタンなアフィリエイトを始めるまでに6か月かけています。

ある程度アクセスが増えてブログ運営の経験を積むまでは広告は貼らない方がいいでしょうし、かつ少しずつでも収益化の勉強は始めて経験を積んだ方がよいので、ころあいを見てこの2つのような導入のカンタンなものから始めた方が良いでしょう。

私の場合満を持してGoogleアドセンスを始めたのがその年の暮れですし、それから月10万円稼げるようになるまで丸2年かかっているので、何のノウハウも無いまったくの初心者から始めるならそれぐらいの期間は覚悟して気長にやった方がよいと思います。

私の場合、最初に作ったブログを改良しながらずっと継続していますが、経験を積んでくると色々と分かってくるので最初のブログに不満が出てくるパターンが多いようです。うまくいかない初期ブログは練習と割り切ってさっさと次のブログを始めた方が良いかもしれません。

えんえんブログを作っては潰しを繰り返している人も多いようです。たいへんです。

ブログ村 セミリタイア生活

読まれるブログ記事タイトルの考え方

※表ブログで昔作成した記事の修正再掲版です。

以前作成した「なぜPER(株価収益率)は15倍くらいが妥当なのか、あなたは説明できますか?」という記事は、書き始めた時は「長期金利と株式益回りの比較」というお堅いタイトルでした。

このタイトルだと内容がどうあれ誰にも読まれない、と途中で気づいたので柔らかいタイトルに変更したわけです。おかげで内容はほぼ同じにも関わらず、Twitterの株クラスタを中心にある程度のアクセスがあったようです。

こういうキャッチコピーを考える手助けとして、コピーライターのノウハウ本を読むのはアリです。

1行バカ売れ (角川新書)



この本には「思わず反応してしまうキャッチコピー10の型」が載っています。全部紹介してしまうとネタバレになるので、一部だけ紹介すると、

「ターゲットを限定する」
「問いかける」

などがあります。また「自分に関係がある」と思わせるのがキャッチコピーの極意という記述もありますね。人間、自分に無関係だと思ったらとことん無関心になりますからね。

この本は企画やセールスの人向けの軽い読み物ですが、ブログ運営にも応用できると思います。

ただし、あまりやりすぎるとあざとい印象になるので注意です。ノウハウ本に頼るとそうなりがちです。さりげなく人の注意を引くというのは高等技術ですね。

1行バカ売れ (角川新書)




ブログ村 セミリタイア生活

Twitterでブログネタを拾う方法

どんな記事がウケるのかは書いてアップしてみないと分からない所があります。

そこでTwitterで思いついた事をどんどんツイートして、たくさんリツイートされたり「いいね」がついたネタを膨らましてひとつの記事にする手法があります。

その場合は記事タイトルにツイートした文言を採用するべきです。反応があったという事は、なにかしら人目を引いたり多くの人が関心を持つ内容だったという事でしょう。

え?そもそも全然誰にもリツイートされない人はどうすればいいのかって?

それは……

まあジャンルにもよりますから。株とか金融クラスタは全然リツイートされませんね。

ブログ村 セミリタイア生活

ブログ村ブログパーツの表示は「このブログの記事」一択

にほんブログ村サポート PVアクセスランキングとは?

にほんブログ村はこのブログパーツを思いやりの心、人間が本来持つきれいな心を表現するためにり上げました。


設置したブログパーツ上の [このブログに投票]ボタンが押されると INポイントも発生いたします。なおOUTポイントは一切発生いたしません。このパーツは参加されるあなたにメリットがあるだけではなく、すべてのブログ村参加メンバーさまにとって"ブログへの入口"がインターネット上の各所にできる"友情のパーツ"です。またある意味、人間のいちばんきれいな部分を形にできる思いやりのパーツ(心くばりのパーツ)"ですので、ぜひ PVアクセスランキングに参加いただき、ブログパーツをあなたのブログに貼り付けてください。



PVランキングに参加する為にはこのブログパーツを貼る必要があります。が、そもそも目立たない存在のPVランキングに参加するメリットが殆ど無い上に、他にメリットと言えば [このブログに投票]ボタンが押されてINポイントが発生する可能性がある、というだけ。

ブログパーツを貼る場合は、表示は「このブログの記事」一択です。自分の最新ブログ記事の一覧が表示されるので、いくらかはサイトを巡回して貰ってPV数が増えるでしょう。

これをINポイントやOUTポイントのランキング表示にしてしまうと、自分のブログがランキング何位かというアピールにはなりますが、クリックされて離脱されてしまうのではデメリットしかありません。

実際、PV数の多そうな人気ブログでブログパーツを貼ってる所はほぼ例外なく「このブログの記事」表示にしているんですよね。記事に自信があって無駄にアクセスを流出させたく無ければ、自然とそうなるんでしょう。

まあ、こんな自分の事しか考えてないようでは、思いやりの心も人間が本来持つきれいな心も何もあったものじゃありませんが、このブログはあくまで収益化がテーマなのでそこはご理解下さい。

そもそもブログパーツはサイトが重くなるのでいずれは外した方がいいかもしれませんね。

ブログ村 セミリタイア生活

ブログ記事の下書きと推敲

コメントでブログ記事の下書きと推敲はどのくらいしているか、という質問があったのでお答えします。

下書き的なものは書かずに、そのまま投稿する勢いで一気に書くやり方になっています。一気に書きあげた方が勢いが出るような気がします。

ただし本当にそのまま投稿すると誤字脱字やつじつまの合わない所が出てくるので、少し間をおいてから軽くチェックします。少し間を置くと客観的に見ておかしい所が見えてくるので、一人でいわゆる校正検閲の作業をする場合は時間をかける必要があります。

殆どの場合はそこまでやらないので、軽くチェックした後にそのまま投稿します。

ブログの面白い所は、記事が読まれるのは投稿した日からせいぜい三日間なので、良い記事だったか悪い記事だったかアクセス数という形で結果がすぐに分かる事です。長期的には検索需要とかもありますけど、とにかく結果が出るのが早い。

ブログをやってる人なら、自信のあった記事がさっぱりで、適当にさらっと書き上げた記事が思わぬヒットになって理不尽な思いをした事が必ずあるはずです。

つまりロクに推敲せずに投稿しているのは、最初のうちはいくら時間をかけて記事を作った所で受けるか受けないかがさっぱり分からないから、推敲しても無駄だという諦めがあるからです。それよりはどんどん記事を投稿した方が良い。

しかしいつまでもこれをやっていると、殆どアクセスのないゴミ記事が溜まっていくばかりで、それがブログの重荷になっていきます。

結果が出るのが早いのがブログの特徴なので、それを生かして自分の長所と欠点をどんどんあぶり出していく事も出来ます。その為に実験的な記事も書いてみる。

どこかのタイミングで過去の経験と研究から受ける記事のパターンを見つけ出し、投稿する前に一度意味のある推敲が出来るようになる必要があります。書いてる途中でコレはダメだ、となんとなく分かるようになってきたら、推敲できるようになります。

私も今だにこれがなかなか出来ませんが、実は誰でもこれが出来るやり方があって、それが過去記事のリライトです。

過去に書いた箸にも棒にもかからなかった記事を見直して、どこが悪かったか考えて作りなおして新記事として再投稿するやり方です。どうにもならなかったら、削除してもいいです。どうせアクセスゼロの記事ですから。

あとこのやり方にはSEOとかキーワードとか検索の観点がまったくありません。私はその辺ほとんど素人なので少しずつ今勉強中です。それでも10万とか20万PVくらいまでは特に問題ありませんでした。

だから下書きや推敲はしなくても良いけど、過去記事の見直しは定期的に行ってレベルアップをはかった方が良いのかなと思います。

ブログ村 セミリタイア生活

逆アクセスランキング(パーツ)のおすすめ

逆アクセスランキングで有名なのは、「ACR WEB」「i2i」の2つです。

実際ほとんどのブログでこの2つのどちらかが設置されていますが、私が利用しているのは「Blozoo(ブロゾー)」の逆アクセスランキングです。

理由は、とにかく設置も運用も簡単だからです。

ACRなどでは、アクセスのあったURLを手動でブログ名に置換設定してやらないと、URLがそのままブログに表示されてみっともない事になります。ブロゾーの逆アクセスランキングパーツは、それを自動でやってくれるので楽チンです。

もちろん、手動で設定する置換リストもあるので、表示されたブログ名が気にくわない時だけ手動で変更してやれば良いでしょう。

除外リストの設定も簡単です。

あと、デザインが良いですね。個人的にはACRなどはデザインが無骨で、広告欄が上下2行にあるので、うまくブログに馴染まない気がしました。これは上手く設定しているブログもあるので、私のセンスの問題なんでしょうけど。

とにかくド素人にはブログのデザインやカスタマイズには手間がかからず、肝心の記事作成に時間を割けるように簡単なのにはこしたことは無いですね。

ブログ村 セミリタイア生活

逆アクセスランキングを拡大

表ブログのアクセスランキングを15位まで表示されるように拡大しました。

ここに載れば、こちらからもアクセスを相応に返せると思うので、是非アクセスを送り込んで下さい(笑)

ブログ村 セミリタイア生活

逆アクセスランキングについて

ブログに逆アクセスランキングを設置する意義は、自分のブログにアクセスを流してくれるサイトに対して、こちらもアクセスを流してあげる事にあります。お返しする、という精神です。

相互リンクと同じですが、相互リンクは一方的にアクセスを流すだけになったり、逆に一方的にアクセスを貰うだけの不公平な関係になりがちなので、相互の理解とこまめな手入れが無いとちゃんと機能しません。

逆アクセスランキングの場合、その辺はある程度自動的に調整されるので公平な気がします。

逆アクセスランキングを設置している人気ブログに勝手リンクするなどしてアクセスを送り込んでやれば、そのブログの逆アクセスランキングに自ブログのリンクが表示されるので、それを狙うのも手です。私のブログも逆アクセスランキングだけでつながってるブログがあります。

たまに逆アクセスランキングにGoogle検索数などが表示されているブログも見かけますが、これは意味が無いので表示されないように除外した方が良いです。

要するに相互扶助、お返しの精神で運用する事です。もちろんリンクは読者の為にあるので、同じジャンルの役に立つ、おすすめできるブログのリンクが増えるようにする必要があります。逆アクセスランキングの上位に表示されるブログは自然と優良ブログになるでしょうから、その辺も自動化で楽です。

ブログ村 セミリタイア生活

ブログの収益化が上手く行ったからと言って更新頻度を落とす人

ブログの形態によると思うんですけど、少しぐらいブログの収益化が上手くいったからと言って更新しなくなるブログはすぐダメになります。

更新を前提としない、検索需要だけのミニサイトみたいなブログなら別ですけど。

確かに少しぐらい更新をさぼっても、すぐにはアクセスは下がりません。でも、読者はそういうブログ主の心理はすぐに気が付くんですよね。あっ、この人ネタが切れてサボりだしたな……、と。

ブログは基本、まともに収益化するなら一度書き出したら書き続けないといけないものです。定時に更新するようにするとアクセスが伸びるのも、ブログ主と読者の間で一種の信用関係が成り立っている訳です。

だからブログを書くのが楽しくない人、更新頻度を維持するのがつらい人はそもそもブログの収益化などは考えない方がいいでしょう。読者にしてみれば、嫌々苦しそうにどうでも良い話題で更新しているブログなど見たくも無いのですから。

ブログ村 セミリタイア生活