逆アクセスランキングの使い方の注意点と疑問

逆アクセスランキングの使い方ですが、使い方が分かっていないのか、別の意図があるのか変な事をしているブログを見かけます。

言いたい事はひとつだけでして、逆アクセスランキングの管理についてです。

GoogleとかYahoo!とかの検索エンジンを表示していたり、ブログ村とかブログランキング、あるいはTwitterなどのSNSを表示しているブログ。

逆アクセスがあったサイトに、こちらからもアクセスを流してやることによって返報性の原理からよい関係を築いていくという、逆アクセスランキングの意義から言って上記のサイトの表示は無意味です。

だって検索エンジンやランキングサイトに返報性の原理は通用しないし意味が無いでしょう。
むしろムダにアクセスが流出するので無意味どころかマイナスです。

それとも何か、他の意図があるのでしょうか?

考え付くのは、逆アクセスランキングのにぎやかしです。
最初のうちは逆アクセスが少なくて寂しいので、なんでもいいいから表示しておけという感じでしょうか。

他にも理由があるのでしょうか。

ブログ村 セミリタイア生活

FC2サービスのSSL化に伴いガラケー端末は利用できなくなる可能性あり

【重要】FC2サービスのSSL化に伴いご利用いただけなくなる端末につきまして その他

現在弊社で対応を進めておりますFC2サービスのSSL化に伴い、
一部の携帯電話(非対応機種)において、
弊社のサービスをご利用いただけない、
または今後ご利用いただけなくなる可能性がございます。

 ・ NTTドコモによるiモード
 ・ auによるEZweb
 ・ ソフトバンクによるYahoo!ケータイ


まあ今時ガラケーでWEBを見ている人も少ないでしょうから、これ事態は問題ないと思いますが、FC2のSSL化対応は進んでいるのでしょうか?

どうもFC2の対応はのんびりしているので、あまり期待しないで待っています。

現在SSL対応されていないページは、Googleの窓に「保護されていません」と表示されるので印象が悪いですよね。

Googleも3年近く前からSSL対応を奨めているので、あまりもう猶予はないのではないかと思います。

この実験ではよい結果が得られているため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

HTTPS をランキング シグナルに使用します
Google公式ブログより引用



ブログ村 セミリタイア生活