スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ村 セミリタイア生活

ブログ記事の下書きと推敲

コメントでブログ記事の下書きと推敲はどのくらいしているか、という質問があったのでお答えします。

下書き的なものは書かずに、そのまま投稿する勢いで一気に書くやり方になっています。一気に書きあげた方が勢いが出るような気がします。

ただし本当にそのまま投稿すると誤字脱字やつじつまの合わない所が出てくるので、少し間をおいてから軽くチェックします。少し間を置くと客観的に見ておかしい所が見えてくるので、一人でいわゆる校正検閲の作業をする場合は時間をかける必要があります。

殆どの場合はそこまでやらないので、軽くチェックした後にそのまま投稿します。

ブログの面白い所は、記事が読まれるのは投稿した日からせいぜい三日間なので、良い記事だったか悪い記事だったかアクセス数という形で結果がすぐに分かる事です。長期的には検索需要とかもありますけど、とにかく結果が出るのが早い。

ブログをやってる人なら、自信のあった記事がさっぱりで、適当にさらっと書き上げた記事が思わぬヒットになって理不尽な思いをした事が必ずあるはずです。

つまりロクに推敲せずに投稿しているのは、最初のうちはいくら時間をかけて記事を作った所で受けるか受けないかがさっぱり分からないから、推敲しても無駄だという諦めがあるからです。それよりはどんどん記事を投稿した方が良い。

しかしいつまでもこれをやっていると、殆どアクセスのないゴミ記事が溜まっていくばかりで、それがブログの重荷になっていきます。

結果が出るのが早いのがブログの特徴なので、それを生かして自分の長所と欠点をどんどんあぶり出していく事も出来ます。その為に実験的な記事も書いてみる。

どこかのタイミングで過去の経験と研究から受ける記事のパターンを見つけ出し、投稿する前に一度意味のある推敲が出来るようになる必要があります。書いてる途中でコレはダメだ、となんとなく分かるようになってきたら、推敲できるようになります。

私も今だにこれがなかなか出来ませんが、実は誰でもこれが出来るやり方があって、それが過去記事のリライトです。

過去に書いた箸にも棒にもかからなかった記事を見直して、どこが悪かったか考えて作りなおして新記事として再投稿するやり方です。どうにもならなかったら、削除してもいいです。どうせアクセスゼロの記事ですから。

あとこのやり方にはSEOとかキーワードとか検索の観点がまったくありません。私はその辺ほとんど素人なので少しずつ今勉強中です。それでも10万とか20万PVくらいまでは特に問題ありませんでした。

だから下書きや推敲はしなくても良いけど、過去記事の見直しは定期的に行ってレベルアップをはかった方が良いのかなと思います。

ブログ村 セミリタイア生活

コメント

No title
さいもんさん
下書きと推敲の記事ありがとうございます!たいへん参考になります。「勢いの良さ「と「加工して洗練していく」というのは相反する要素ですから悩ましいですね。
メモ張ソフトで勢いよく、いい流れでかけたと思っても、アップしてみるとヘンな言い回しに感じたり、陳腐な記事に見える場合があります。。マーケットの反応をみつつ対応していくというのは投資と似ていておもしろいところですね!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。