ブログをレスポンシブデザインに変更

表ブログをレスポンシブデザインに変更しました。

FC2ブログなどのブログサービスはPC用サイトとモバイル用サイトを用意していて、スマホなどのモバイルからアクセスした場合は自動的にモバイル用サイトを表示するようになっています。

2つのサイトがある事によるデメリットは、

・それぞれで別々にテンプレートを用意してサイトデザインしなければならない
・それぞれでデザインの統一が難しくなる
・管理の手間が単純に倍になる
・ひとつのブログにURLが2つ存在する事により色々と問題がある(こともある)

他にもいろいろありますが、Googleがレスポンシブデザインを推奨していることもあり、今後は遅かれ早かれレスポンシブデザインに統合されていくのだろうと思って、重い腰を上げました。

レスポンシブ デザインにする理由

レスポンシブ ウェブ デザインをおすすめする理由は以下のとおりです。

URL が 1 つなので、ユーザーによるコンテンツの共有やリンクが簡単になります。

対応するパソコン用ページやモバイル用ページが存在することを Google のアルゴリズムに伝える必要がなく、ページへのインデックス プロパティの割り当てが正確に行われます。

同じコンテンツのページをいくつも維持管理する手間が省けます。

モバイルサイトでよくある誤りに陥る可能性を抑えることができます。

ユーザーをデバイスごとに最適化したページにリダイレクトする必要がないため、読み込み時間を短縮できます。ユーザー エージェントに基づくリダイレクトはエラーが発生しやすく、ユーザー エクスペリエンスを損なうおそれがあります(詳しくは、ユーザー エージェントを正しく検出するをご覧ください)。

Googlebot がサイトをクロールするために必要なリソースを節約できます。同じコンテンツのページが複数存在すると、別々の Googlebot ユーザー エージェントが複数回クロールしてすべてのバージョンを取得する必要があります。一方、レスポンシブ ウェブ デザインの場合は、1 つの Googlebot ユーザー エージェントがページを一度クロールするだけで済みます。Google によるクロールの効率が上がると、サイト内のより多くのコンテンツがインデックスに登録され、適切な間隔で更新されることにつながります。

Google search 「レスポンシブ ウェブ デザイン」より引用


もちろんレスポンシブデザイン化することによるデメリットもあり、メリットとデメリットをよく考えて決めなければならないのですが、将来的な事も考えて現時点で少々問題が出てもやっておいた方がいいだろうと決断した次第です。

それとFC2ブログはまだ制約が少ない方ですが、ブログサービスによっては仕様上レスポンシブデザイン化が難しいこともあり、今後は本格的にブログを運営する人はワードプレス派が増えていくんだろうと思います。

ただ有名ブログでもFC2ブログやはてなブログを使い続けている人は多いので、ワードプレスにすればいいというものでもないと思います。私も今回大規模変更したので、当分はFC2ブログで頑張ります。

(自分のブログがスマホやタブレットでどう表示されているかは、chromeの「デベロッパーツール」で確認する事ができます。とはいえ、古い機種などは確認しようがないので、何か不具合があったらコメントなりで教えて頂けると幸いです。)

ブログ村 セミリタイア生活

コメント

No title
アドセンスの配置や広告サイズ、個数を変えることでクリック率は結構違ってくるのでしょうか。(以前、そんな記事も見たような気もするのですが...)

自分はブログではなくサイトをやっていますが、全ページに1個アドセンス配置(右上あたり)した状態で0.1〜0.15%ぐらいのクリック率です。サイトのテーマ等もあって劇的に改善するのは難しいかもしれませんが、もう少し率が上がってほしいところです。

これまで配置の実験などされていましたら、そういう記事も見てみたいです。
Re: No title
> アドセンスの配置や広告サイズ、個数を変えることでクリック率は結構違ってくるのでしょうか。(以前、そんな記事も見たような気もするのですが...)
>
> 自分はブログではなくサイトをやっていますが、全ページに1個アドセンス配置(右上あたり)した状態で0.1〜0.15%ぐらいのクリック率です。サイトのテーマ等もあって劇的に改善するのは難しいかもしれませんが、もう少し率が上がってほしいところです。
>
> これまで配置の実験などされていましたら、そういう記事も見てみたいです。

配置はGoogleの言う通りタイトル下と記事下の2つが最優先です。ブログだと特に記事下ですね。これは私が言ってる事じゃなくてGoogleの公式見解だから信用できるはずです。右上はその次ぐらいの優先度です。自分の視線の動きを考えてみると分かりますが、右上でもホントの右上(ヘッダーの右部分)は見ていないので殆どクリックされないはずです。
No title
どうもありがとうございます。
そういうデータみたいなものがあるんですね。

自分の場合はブログではなく1カラムなのですが、現状タイトル(ヘッダー)下の右側に1個なので、記事下にもう1個置くというのは出来そうです。その状態で一度データを見てみたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント