スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ村 セミリタイア生活

3点リーダー(…)の憂鬱

リーダー (記号) (Wikipedia)

日本語では多くの場合、文章中では無音の状態もしくは文の省略を表す。古来の日本語文書にはなく、欧文の翻訳文への三点リーダー ( ... ) の替わりとして使用され始め、純粋な日本語文書にも定着した約物である。文章中などにおいて、通常はリーダーを2個つなげる形の二倍リーダー(二倍三点リーダーあるいは二倍二点リーダー)が使用される。



3点リーダー(…)は2つ(偶数個)並べて使うのが慣例……

確かに小説などを読むと必ずそうなってますね。

私は3点リーダーは「てん」を変換して入力してます。中点(・)を3連打して変換しても良いみたいだけど最近まで知りませんでした。Macだとショートカットも使えるみたいですね。

デジタル媒体
コンピュータでも原稿用紙と同じく、三点リーダーを2文字分続けて表記する用法があるが、必ずしも徹底されているとは言えない。Web上においては、二点リーダーが使われたり、中黒("・" 特に半角の"・")や読点("、")を並べてあったり、中には句点("。")を並べる人もいる[要出典]。



別に絶対のお作法では無いのですが、良くないのは一人の文章や作品の中で統一されていない事でしょうか。ブログ上の文章なら「・・・」だって好きに使って構わないし「。。。」ですら、本人の勝手ですが、統一されてないと読みにくい。

と思って、過去の記事を読み直していると、「…」と単独で使っている時期があって憂鬱。

私は文章のプロでは無くド素人ですが、ブログを書くようになって少し文章的な事は勉強したり意識するようになりました。基本的に読み易い文章を心がけることですね。

ブログ村 セミリタイア生活

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。